「人間関係を個人的な水準のみではなく、非個人的な水準にまでひろげて持つようになると、その底に流れている感情は、感情とさえ呼べないものではありますが、『かなしみ』というのが適切と感じられます。」
(河合隼雄氏〔臨床心理学者〕の言葉)



三砂慶明(梅田    蔦屋書店人文・古書コンシェルジュ)
(サンガジャパンVol.28 「河合隼雄    医療と仏教をつなぐ人」)
※肩書は掲載時