ぼくらは瞬間ごとに創り出される世界の立会人であり、主体なのだ。その自覚があれば、あらゆる時と場を通じて、みずからの主となることができるだろう。



島田啓介(翻訳家、精保健福祉士)
(サンガジャパンVol.28 「マインドフルネスを歩く 第二回」)
※肩書は掲載時