中道について、普通は真ん中としてAとBの中間点を一生懸命にあれやこれやと探していくイメージのように思いますが、そうではなくて、そういった計らいをやめることで「自ずと現れる」、あるいは「自ずと帰る」みたいな、そんなふうにとらえています。



アチャン・ニャーナラトー(テーラワーダ仏教僧侶)
(サンガジャパンVol.36 藤田一照師との対談「自分と違う在り方をした人がいる」)
※肩書は掲載時