ありのままを知るということは、物事が常に移り変わっていること、それが自分の思い通りには支配できないこと、自我意識にとっては自分の思い通りにコントロールできないものは苦しみ以外の何物でもないことを身に染みて知ることなのです。



井上ウィマラ(健康科学大学健康科学部教授、仏教心理学会会長)
(サンガジャパンVol.34 誌上シンポジウム「心理臨床と仏教」第3回)
※肩書は掲載時