世尊の最後の言葉は「怠ることなく、不放逸という気づきによって修行を完成させなさい」であったと解説されています。世尊の教えの根本は気づき(sati)の実践であるといっても間違いではありません。



西澤卓美(ミャンマー仏教書翻訳者・瞑想指導者)
(サンガジャパンVol.36 「マハーシ・サヤドーによるヴィパッサナー瞑想法の理論と実践」)
※肩書は掲載時