日々のタスクに忙殺される状態の私たち日本人にとって、生活を180度変えずとも、一つ一つの生活事象への取り組み方、向き合い方を意識することで、禅やマインドフルネスの要素を現代に「活かす」ことが重要なのではないでしょうか。



川野泰周(臨済宗僧侶、精神科・心療内科医)
(サンガジャパンVol. 28    「仏教と医療との邂逅」)
※肩書は掲載時